相談09●複数部品を鍛造で一体化し、コストダウンを図りたい

今回は量産品のコストダウンをお考えのお客様へのヒントとして、複数部品の鍛造による一体化についてお話ししたいと思います。




■ 《お客様の問題点》


S社様は、アルミ製品の製造・販売事業を手がけておられるメーカー様です。設計からアルミ材の押出加工、切削加工、そしてアッセンブリまで、自社生産されています。
そのS社開発部のご担当者様から、弊社へ次のようなお問い合わせのメールをいただきました。



■ 【質問】


「現状、2個のアルミ材をロウ付け後に切削加工していますが、ロウ付け部の漏れ不適合が解消できず悩んでいます。これを鍛造により一体化することで、漏れを無くすと同時にコストダウンを図ることはできませんか?」


弊社へ送っていただいた図面と現物を見ると、この製品は丸棒と異形材という2つのアルミ製部品をロウ付けして製造されていました。アルミ材のロウ付け加工は、技術的に非常に高度と言われており、不適合率が高くなるのもうなずけました。


早速、弊社で検討した結果、鍛造化によりロウ付けが不要となり漏れは確実に無くなる上、従来使用している異形材は鍛造用丸棒に比べて材料単価が高いため、これを無くせばさらなるコストダウンを期待できることが分かりました。

そこで、当社設計によるデザイン形状図面を携えて、S社ご担当者様を訪ね、鍛造一体化のメリットをご説明しました。


2個のアルミ材のロウ付けを、鍛造により一体化


■ 《弊社からの提案とコストダウン効果》


今回は外観デザインも重視される製品のため、弊社にてデザイン性を考慮しながら、最小肉厚を確保する鍛造設計図を作成しました。新しい鍛造形状は、材料の丸棒へ中空鍛造により3箇所の穴あけを行うもので、投入重量を削減し、材料費を大きく低減させることができます。


数ヶ月の基礎実験を重ねた結果、鍛造一体化品の量産体制を構築し、材料費において約20%コストダウンを達成することができました。


ロウ付けから鍛造一体化した場合のコストダウン効果

また、鍛造一体化によりロウ付け工程及び切削工程は無くなり、漏れによる不適合は皆無となりました。もちろん、鍛造費のほか、初期費用として金型費が必要となりますが、こちらも材料費のコストダウン効果により約10ケ月ほどで回収することが可能となりました。



さらに弊社では、鍛造によって摩耗した金型の更新費用は弊社負担とさせていただいておりますので、初期費用回収後はコンスタントに利益が積み上がっていきます。


お客様には、
「ロウ付けや切削工程の削減に加えて、漏れ検査工程も廃止することができ、材料費以外の製造コストも大幅に削減することができました」とお喜びいただいた事例となります。
と、ご満足いただいた事例となります。


なお、お客様には、当社が設計した鍛造一体化形状のデザインを高くご評価いただき、姉妹品シリーズにもご採用の上、追加で3点ご発注いただくなど、逆に感謝のお言葉まで頂戴し恐縮した次第です。



こちらの取組みの詳細につきましては、白光金属工業までお気軽にお問い合せください。貴社の課題解決へ向け誠心誠意アドバイスをさせていただきます。


Zoomでのオンライン相談受付を開設いたしました。

製造部品の一体化や、材料費低減によるコストダウンの相談、また、他社製造による不良品等でお困りの場合、Zoom/オンラインにて、現状の製造部品や設計図の確認を行い、効果的な製造アドバイスをさせていただきます。

まずはお電話で、
①会社名 ②担当部署 ③お名前 ④ご希望のお時間 ⑤メールアドレス をお教えください。
専任のアドバイザーより、ミーティングご招待の専用メールアドレスを送信させていただきます。

■オンライン相談はこちら→ お問い合せフォーム

※それ以外のお問い合わせ・ご質問に関しましては、従来通り、お電話またはメールにて対応させていただきます。

■お電話でのお問い合せ→ TEL. 072-241-1888
■メールでのお問い合せ→ お問い合せフォーム

最近の相談記事

カテゴリー一覧